アクセスランキング

« ジャック、幸せだね | メイン | スパロウとお散歩 »

2014年5月15日 (木)

ジャックの最期

5月6日の朝。

連休中あれこれしていたから朝寝坊したんだ。
子供たちは自分で起きてテレビ見たりしてたけど
私は布団の中でゴロゴロとしていたの。
スパロウとジャックは起きていたけど、私が布団から出ないから
一緒に寝室の布団でゴロゴロしていました。

いい加減起きないと、またスパロウがもらしちゃいそうだな~と思い
布団から顔を上げると、スパロウとジャックも顔を上げて
2頭揃って私の顔を覗き込んでました。
「起きる?起きる?」って。
その瞬間思ったんだ。
あー、朝起きてこんな2頭の顔が見られるなんて私は幸せだな~って。
その日の朝のその瞬間は凄くはっきり覚えてるんだよね。


Skimg2770

それから子供とスパジャにご飯食べさせて
掃除と洗濯して。
その間、スパジャはテラスで日向ぼっこ。
この写真は亡くなる日の午前中に撮影した姿。

まだ化粧もしてないけど、天気が良くてジャックがお散歩行きたそうだから
みくにママに連絡してみたんだ。
カルロやあちゃくんたちと一緒にお散歩できないかな?って。

そしたら、ちょうど散歩に来たところだから
待ってるからおいでって。
私は急いで準備するから10分くらいしたら向かうって返事して
慌てて準備。

少し先で待ってるみくに家のみんなに会いたくて
ジャックもそわそわ。

Sdscf8985


そしてやっと合流!

Sdscf8988


それからは、いつも通りに歩いてね。
みんな楽しそうでね。
何も疑問に思うような事は何一つなかった。

Sdscf9003

これが生前最期の姿。
大好きなみくにパパと一緒に映ってます。

帰り道のこと。
もう少しで車を停めてある場所に着く頃。
盛り上がったお散歩も終盤でみんなまったりと歩いていたんだけど・・・。

突然ジャックの足がもつれたようになってスパロウに寄りかかるように倒れた。

ビックリして「ジャック!?」と声掛けた。
ちょっと様子がおかしかったけど、割とすぐに立ち上がった。

みくにママが「獣医に行った方がいいよ」と心配してくれたんだけど
立ち上がってからは普通に歩いてくれたから私は安心していた。

何故なら、数日前にも散歩中に歩き方がおかしくなったことがあってね。
足の裏になんと松ぼっくりが挟まってしまい、ジャックがパニック起こして
変な歩き方になってしまってね。
私はてっきり、またそんなことがあったんだと思ったんだ。

心臓はドキドキしていたものの、普通に歩いてくれてるジャック見て
「大丈夫、大丈夫。家に帰ったらゆっくり休もう」と自分の気持ちを落ち着かせながら
リード持って一緒に歩いたんだ。

20メートルくらい歩いたかな。
ほんと車まであと少しって言うところで、また倒れた。

思い出すと涙が出てくるし、その瞬間の場面がショックだからか書くのも難しいね。
ちゃんとした記憶もないんだけど。

とにかくジャックの名を呼びながら、赤ちゃんを前に抱っこしたまま
かがんでジャックに心臓マッサージしたんだ。
手を止めたら本当に死んでしまうと思って。

みくにパパが近くまで車を持って来てくれて
10メートルくらいの距離を70キロ以上あるジャックをシーツに乗せて
大人3人で運んだ。
その時、スパロウがもの凄く必死にジャックに声をかけていた姿が忘れられない。
スパロウが邪魔で前に進めないほど、必死になっていた。

私はスパロウと子供3人を車に乗せてみくに家の車に続いて獣医へ向かった。

先生も色々手をつくしてくれたけど、ジャックは旅立ってしまった。
たぶん倒れた時点でダメだったんだろうな。

ジャック。

考えるとね、ジャックらしいんだ。

私ね、ジャックは痛いの嫌い、苦しいの嫌い。ちょっとしたことでパニック起こしてしまうほどで
何かあってジャックがもし手術とか必要になったらどうしようって少し思ってた。

でもさ、痛いも苦しいもなくて、大好きなみんながいて一番楽しい時にあっという間に旅立ったのは
ジャックにとってこれ以上ない最期だったんだろうね。


それから最初に倒れた場所だと車が入れないところだったから、もの凄い距離を
運ばなきゃならなくて、それも大変だったし、すぐに獣医さんへ連れて行けなかっただろう。
最期に少し歩いてくれたおかげで、すぐに車まで運べたんだよ。

ジャック、最期に頑張ったんだろうな。

それに私一人で散歩してる時だったら、私がもっともっとパニック起こしてただろう。
みくにパパとママがいてくれて、本当に助かった。


全ての条件が揃ってこれ以上ない最期だったんだと思う。

ただね、ジャック。
来月が8歳の誕生日だったじゃないか。
去年は私が出産直後で何もしてあげられなかったから
今年はちゃんとやろうと思ってたんだよ。

ジャック。
大好きなジャック。

本当に寂しいよ。

数日かけてこのブログ書いたけれどちゃんと文章になってるかな?
今まで毎日みなさんに読んでもらって応援してもらっていたから
やっぱり最期まできちんと報告しようと思って載せてみました。

スパロウが頑張ってるからね、私も頑張るよ。
少しずつ心の整理がてら、また色々と綴らせてください。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/551855/32248185

ジャックの最期を参照しているブログ:

コメント

ジャックの優しさにあふれた最期ですね。読んでいて涙が出てきました。
きっと朝のときのような顔で空の上からずっと見守っていてくれている気がします。

まるこさん、頑張って書いたね。
涙があふれてくるよ。
きっとジャックが自分で決めた最期なんだね。
でもさ、やっぱり、悲しくて寂しいよ…。
お誕生日迎えてからで良かったのにー!

お空の上で見守ってくれてるけどさ、
会って触ってお話したいね。
大好きなジャック、ずーっと忘れないよ!

はるさん

たぶんね、ジャックの最期の精一杯だったのかなと。
ジャックに会いたくてたまりません。
お空の上から見てくれてるのかな。

ベリーママ

会いたくてたまんないよ。
最初に倒れてから、ジャックなりに一生懸命頑張ったんだろうなと思うの。
お空の上チームに会いたいね。

でも私たちはおばあちゃんになるまで頑張らないといけないのかな。
一緒に頑張ろうね。

まるこさん、辛い日の事を書いてくれて本当にありがとう。

いつもの様に、お散歩を楽しんだんだね。
大好きなまるこさんに面倒をかけたくないって思ったんだね。
どれだけ親孝行なの。
ジャック、ありがとう!

スパロウ、大丈夫?

えっちゃんママ

スパロウね、まだ少し下痢が続いてるよ。
少し無理してる感じもあるしね。
なるべく一緒に行動するようにしているよ。

ジャック・・・。
ジャックらしくてね。
でも寂しいよ。

コメントを投稿