アクセスランキング

カイト Feed

2014年8月24日 (日)

カイトが来た時の話 その1

私も、デン以外の犬を、しかも成犬を飼うことになるとは
夢にも思ってなかった。
色んな人に「次の犬を飼うことが一番元気になる近道だよ」と言われても
首を横に振り続けていた。

それがね、アニマルコミュニケーターさんと言う犬とコミュニケーションが取れる方に
相談してスパロウの気持ちを知ってから、道が開けたと言うか
初めて先が見えた気がした。

でも次の犬を迎えようと考えたときに
デンを飼う気持ちになれなかったし、パピーを迎えるのは赤ちゃんいる我が家では無理だと思った。

我が家は父ちゃんが不在の時があるから、番犬として犬がいて欲しい気持ちもあって
ある程度の大きさが必要で、でも長毛種はシャンプーやブラッシングの時間を取ってあげられないし
元気が良すぎる犬種は、満足させられるほど構ってあげられない。
やっぱり理想はノンビリ優しいデンなんだけれど、色々調べたら
「クーンハウンド」に目が留まった。
その中でも「レッドボーンクーンハウンド」。
そしてすぐに里親募集してるのもHITした。

父ちゃんにも相談して、スパロウにも相談して
レスキューの方に連絡入れてみた。
もし縁があればうちの子になるだろうし、縁がなければ来ないだろうし。
そんな気持ちだった。

そして連絡取ってみて、先住犬もいるし、まだ小さな子供もいるけれど・・・
と説明してみたけれど、とりあえず会ってみる事に。

会ってみてね、オス同士だけれどスパロウが匂い嗅いでもずっと尻尾振って
ニコニコ。
周りを子供たちがキャーキャー騒いで走り回っても
何も反応してなかった。

見た目も私の好み♪だし、スパロウや子供に問題ないなら
私としてはもう十分だった。
父ちゃんももちろん気に入ってくれたみたい。
それで、そのまま連れて帰ってきた。
飼うと決めたら、待つ理由なんてないからね。

レスキューの方から、最初はクレートの中で過ごさせてくださいね。と言われたので
しばらくは私も様子見ながらほぼクレートの中で過ごさせた。
家の様子を見せなきゃね。

でも家の中での粗相はないし、クレートの中でも大人しく過ごしてるし。
ただ、引っ張りが強かったのと、お座りや待てなんかも出来なくて
ご飯のときにテンション高いのが戸惑ったことだった。
あとはこーちゃんやリンには何も反応してなかったけれど、コロンに対して
時々唸ることがあったこと。
まぁこーちゃんやリンは犬に対してベタベタ必要以上に接することはしないんだけれど
コロンはなんだか容赦ないんだわ。
スパロウやジャックに対しても容赦なかったから、コロンにも犬との距離感を教えたいんだけれど
なにせまだ赤ちゃんだから・・・。
でも赤ちゃんとは言え、唸るのはダメだ。
だからその都度ガッツリ怒ってた。

でもいいところもたくさんあって、ソファに乗らないことや、テーブルの上に食べ物があっても
飛びついたりせず無理に食べないところ。
ジャックのお供えも、立ち上がれば届くところにあって、カイトも匂い嗅いでるから
そこにフードやおやつがあるのわかってるはずなんだけれど、絶対に食べない。
子供のおもちゃが散乱してるけれど、1個も破壊したことない。
家の中で子供たちが走り回っても興奮したり追っかけることをしない。

なかなかこれだけの良い子っていないんじゃない?って思ってしまった。

なんて言うか生活のペースがスパロウとほぼ同じだった。

もちろんこれからもっともっと色々経験する中で、問題が出てくるんだろうけれど
家の中で過ごす分にはパーフェクトだったのでした。


長くなったので、続く。

久しぶりの嬉しい声

今日はね、父ちゃんに子供たち任せて
小雨の中、私とスパカイで散歩。

Skimg3859

せかっくのお山だ。
走って来い!

Skimg3851

カイトはね、レッドボーンクーンハウンドって言う犬種なんだけど
ブラッドハウンドとフォックスハウンドから作られたんだって。
だから耳が長いのが特徴。
そして嗅覚が凄いんだな。
いつも何か匂いを嗅いでいる。
だから特別に強いにおいを感じると、そのままたどってどこかへ行ってしまうんじゃないかと
思っていたんだけれど、大丈夫だった。

Skimg3838

でも真新しい猪が掘り返した跡がたくさんあって、やっぱり嗅いでたどる。

Skimg3839

スパロウと一緒に「怪しいねー」とひたすら嗅ぐ。

Skimg3850

ジャックがいなくなってから、お散歩も楽しそうじゃなかったけれど
カイトと一緒に歩くようになって張り合いが出てきたみたいだ。

Skimg3842

少し先から呼んでみたら・・・


Skimg3843

またもの凄い勢いで走ってきたから、ご褒美どうぞ♪
それにしても勢いが凄過ぎて「こわいよ、カイトー」と言ってしまう。
だって追突されそうなんだもの。

Skimg3854

昨日は夕方大雨が降ってお散歩行けなくて
その前はドッグランの後、雷でお散歩してないから
スパロウも体力余ってたのかな。
凄い走り回ってくれて、見てる私は感動。
まだまだ元気で嬉しいな。

そして・・・

スパロウがね、歩きながら私に「すごい楽しいよ」って声をかけてくれた。
時々スパロウって声をかけてくれるの。

久しぶりにスパロウの「楽しい」って声が聞けてまたジーン。
スパロウ、ありがとう。
ジャックも聞いてたかい?スパロウが楽しいんだからジャックも楽しいよね。

Skimg3867

カイトもお山でずっとフリーにしたの初めてだったから
たくさんたくさん走って満足してくれたかな。

Skimg3870

Skimg3871

ぐっすりだー。
私も満足満足。

2014年8月18日 (月)

新入り君を紹介いたします!

お盆も明けたことだし
我が家の新入り君を紹介したいと思います。
今までしばらく黙っててごめんなさい。

S1407238852309

少し前から一緒に暮らしていました。
「カイト」です。

スパロウの、いや我が家のパートナーとして
これからずっと一緒に暮らしていきます。

どうぞよろしくお願いします!


犬種 →→ レッドボーン クーンハウンド
年齢 →→ 推定3歳
大きさ →→ ラブラドールレトリーバーくらい

レスキューの子を迎えることにしました。
聞き慣れない犬種なのは、純粋に猟犬としてしか繁殖されていないため。
おそらくレスキューに向いていなかったため、捨てられてしまったのだろうとのこと。


Simg_0222

本当はジャックがいなくなってしまってから、高齢なスパロウのために
次の犬を飼うことはせず、静かに余生(?)を過ごしてもらうつもりでした。
みくに家と積極的に一緒に散歩したりなるべく私も悲しみを引きずらないように
前向きにスパロウと接していたつもりでしたが・・・
最初は元気だったスパロウがだんだんご飯を食べなくなり、下痢が続いて、散歩も消極的になってしまいました。
ジャックがいなくなってからの2ヶ月間で消費したフードはそれまでの半分以下。

私はとても焦ってしまい、このままスパロウが死んでしまうんじゃないかと心配して
犬の話が聞けると言うとある方に相談に伺いました。
ジャックのことも色々聞いて、スパロウのことも色々聞いてもらったところ
「スパロウは次の犬を迎えて欲しいと思ってるよ」とのこと。
「スパロウはまるこ家の犬として次の犬に引継ぎをしなきゃって思ってるみたい。そうしないと
スパロウが今まで築き上げてきたものが、スパロウが死んだら途切れてしまうよ。」って。

私と金太郎父ちゃんもその言葉を聞いて涙が止まらなかった。
そんなこと考えてくれていたのか。

でもね、正直に言えばデンを飼う気持ちになれなかった。
パピーから犬を育てるのは赤ちゃんがいる我が家では大変なことだ。
それなら成犬を迎えよう。
と言うことで、保護団体のサイトを見てこの子に決めました。

これから色々とブログでこの子について書いていこうと思います。


Simg_0178

どうぞよろしく!